[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[ja-announce] LibreOffice 4.3 の国際バグ探索セッションについて


2013年12月5日、ベルリン - The Document Foundation は LibreOffice 4.2のための
国際バグ探索セッションをお知らせします。このイベントは12月6日から
始まり、12月9日まで開催しております。この3日間、世界中から集まったボランティア
の方々が LibreOffice 4.2のベータ版をテストし、不具合や回帰バグを探します。

LibreOffice 4.2は2014年1月末にリリースされる予定で、たくさんの新機能とともに
多くのバグ修正が含まれています
(https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/4.2)。
このメジャーリリースをフリーのオフィススイートの歴史で最も輝かしいものにする
ためにコミュニティは活動しています。

ボランティアとしてバグ探索セッションに参加するには、
http://www.libreoffice.org/download/pre-releases/
から LibreOffice 4.2ベータ2をダウンロードしてください。
(訳注: 日本語のダウンロードページは
http://ja.libreoffice.org/download/pre-releases/
です。)

少なくともUTCで8時から22時の間はメンターがいます。IRC
(irc://chat.freenode.net/libreoffice-qa)や QA メーリングリストを通じて
コミュニケーションできます。
(訳注: 日本語メーリングリスト discuss@ja.libreoffice.org でも
随時バグ報告に関する議論を行っています。)

LibreOffice 4.2国際バグ探索セッションについての情報については
https://wiki.documentfoundation.org/BugHunting_Session_4.2.0
をご覧ください。

--
Italo Vignoli - Director
italo.vignoli@documentfoundation.org
mob +39.348.5653829 - sip italo@libreoffice.org
The Document Foundation
Kurfürstendamm 188, 10707 Berlin, Germany
Rechtsfähige Stiftung des bürgerlichen Rechts
Legal Details: www.documentfoundation.org/imprint

---
以上は announce@documentfoundation.org で配信されたアナウンスの日本語訳です。
原文は
http://listarchives.documentfoundation.org/www/announce/msg00169.html
になります。
---

-- Takeshi Abe

--
Unsubscribe instructions: E-mail to announce+unsubscribe@ja.libreoffice.org
List archive: http://listarchives.libreoffice.org/ja/announce/

Privacy Policy | Impressum (Legal Info) | Copyright information: Unless otherwise specified, all text and images on this website are licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License. This does not include the source code of LibreOffice, which is licensed under the Mozilla Public License (MPLv2). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks of their corresponding registered owners or are in actual use as trademarks in one or more countries. Their respective logos and icons are also subject to international copyright laws. Use thereof is explained in our trademark policy.