[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[ja-announce] FOSDEM 2014での Open Document Editors Devroom のお知らせ


Open document editors が FOSDEM にまたやってきます。これは Open document
の分野の各プロジェクトが devroom にともに参加し、ODF に関連した開発および
技術革新についてプレゼンテーションをする機会となります。この devroom は
Apache OpenOffice および LibreOffice が運営します。

2月1日、午前10時から午後6時まで開催されるこの Open Document Editors
devroom でのトークの投稿を募集しています。

トークの時間は20分までに限られています。各プレゼンテーションの最後に質疑応答
の時間をとり、スケジュールの許す限りできるだけ多くのプレゼンテーションが
できるようにするためです。例外を認めるためには、明示的に要望いただき、理由を
説明してください。

Open document editors ないし ODF フォーマットについての技術面でのトーク
(コードや拡張機能、ローカリゼーション、品質管理、ツールや重要な採用事例など)
を歓迎します。

投稿は Pentabarf システムを使ってください:
https://penta.fosdem.org/submission/FOSDEM14

提案する際、(Pentabarf であなたのプロフィールが既に保存されていると
思いますが)自身についての数行での記述を追加してください。そしてどの製品、
あるいはどのトピック(Apache OpenOffice、LibreOffice、あるいはその両方、
またはその他のエディタ、ODF 一般など)についての話なのかを明記してください。

締切は2013年12月22日の日曜日です。採用されたスピーカーについては2014年1月5日
までにお知らせします。

devroom メーリングリストで質問を受け付けています:
office-devroom@lists.fosdem.org

--
Italo Vignoli - Director
italo.vignoli@documentfoundation.org
mob +39.348.5653829 - sip italo@libreoffice.org
The Document Foundation
Kurfürstendamm 188, 10707 Berlin, Germany
Rechtsfähige Stiftung des bürgerlichen Rechts
Legal Details: www.documentfoundation.org/imprint
---
以上は announce@documentfoundation.org で配信されたアナウンスの日本語訳です。
原文は
http://listarchives.documentfoundation.org/www/announce/msg00168.html
になります。
---

--
Unsubscribe instructions: E-mail to announce+unsubscribe@ja.libreoffice.org
List archive: http://listarchives.libreoffice.org/ja/announce/

Privacy Policy | Impressum (Legal Info) | Copyright information: Unless otherwise specified, all text and images on this website are licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License. This does not include the source code of LibreOffice, which is licensed under the Mozilla Public License (MPLv2). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks of their corresponding registered owners or are in actual use as trademarks in one or more countries. Their respective logos and icons are also subject to international copyright laws. Use thereof is explained in our trademark policy.