[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

Re: [ja-discuss] スケジュールの見方


どもども、いくやです。

On Mon, 26 Aug 2013 13:22:48 +1000
Noriko Mizumoto <noriko@redhat.com> wrote:

> スケジュールの見方について勉強しているのですが、教えていただきたいことが
> あります。
> 4.1 のリリースプランを見ると4.1.6までリリース予定が記載されています [1]。
> 翻訳作業をする場合、どのあたりの日付を締切りと考えればよいのでしょうか?
OSC京都でも質問があったので、翻訳が取り込まれるまでのフローを書いておきます。

1. Pootleで翻訳する
当たり前ですが。ポイントは、翻訳したものがすぐにgitに入るわけではないということです。
2. 翻訳の締め切りがくる
翻訳の締め切りは、
https://wiki.documentfoundation.org/Translating_LibreOffice#Deadlines
に書いてあるとおりタグを打つ2日前です。
タグを打つ日は、例えば4.1.2 RC1だと
https://wiki.documentfoundation.org/ReleasePlan/4.1
により9/2です。必ず月曜日です。ということは締め切りは8/31になるわけですが、
時差の関係で日曜日も使えます。よって、実質日曜日が締め切りだと思ってください。
3. 翻訳がgitに取り込まれる
4. リリースタグが打たれる
(4.1.0 RC1以降月曜日にタグが打たれたことはない気もしますけど)
5. バイナリがビルドされる
ビルドできない場合はhotfixが入ります
6. リリース告知
リリース告知はミラーができていない段階(内向き)とミラー完了後(外向き)の
2回あります
という感じです。

> また、その締切り日までに行なった翻訳が反映されるのはどのバージョンになる
> のでしょうか?
というわけで、タグを打つバージョンです、というのが回答になります。

ではでは。
--
AWASHIRO Ikuya
ikuya@fruitsbasket.info / ikuya@oooug.jp / ikunya@gmail.com
GPG fingerprint:
1A19 AD66 C53F 2250 3537 1A9D 3A53 2C1D 20AB CC8A

--
Unsubscribe instructions: E-mail to discuss+unsubscribe@ja.libreoffice.org
Posting guidelines + more: http://wiki.documentfoundation.org/Netiquette
List archive: http://listarchives.libreoffice.org/ja/discuss/
All messages sent to this list will be publicly archived and cannot be deleted

Follow-Ups:
Re: [ja-discuss] スケジュールの見方Noriko Mizumoto <noriko@redhat.com>
[ja-discuss] Re: [ja-discuss] スケジュールの見方Naruhiko Ogasawara <naruoga@gmail.com>
References:
[ja-discuss] スケジュールの見方Noriko Mizumoto <noriko@redhat.com>
Privacy Policy | Impressum (Legal Info) | Copyright information: Unless otherwise specified, all text and images on this website are licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License. This does not include the source code of LibreOffice, which is licensed under the Mozilla Public License (MPLv2). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks of their corresponding registered owners or are in actual use as trademarks in one or more countries. Their respective logos and icons are also subject to international copyright laws. Use thereof is explained in our trademark policy.