[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[ja-discuss] Re: [ja-discuss] Calc の関数に関する翻訳


小笠原です。


為念ですが、おしえさんは私が知ってる中では比較的統計に
明るい方、というだけのことであって、統計の専門家ですよ
ね、関数見てくださいね(お目目キラキラ)、という意味で
はありませぬ。

Pootle の検索もそうなんですが、できる範囲で無理のない
レベルで質の高い貢献を目指しましょう、ちゅー当たり前の
ことでございまして。はい。


さておき。

> ●CHIINV 関数
> 「CHIDIST (x; 自由度) のパーセント点の値。」
> 原文は「Values of the inverse of CHIDIST(x; DegreesOfFreedom).」です
> ので誤訳です。以下のように提案します:
> 「CHIDIST(x; 自由度)の逆関数の値。」
>
> ●CHISQINV 関数
> 「CHISQDIST(x; 自由度; TRUE()) のパーセント点の値。」
> 同様の誤訳です
> 原文「Values of the inverse of CHISQDIST(x;DegreesOfFreedom;TRUE()).」
> →提案「CHISQDIST(x;自由度;TRUE())の逆関数の値。」
>
> ●FISHER 関数
> 「指定した相関係数に対するフィッシャーのZ変換の値を返します。」
> たしかにその通りなのですが、原文は「Returns the Fisher transformation.」
> です。さすがに意訳しすぎのように感じます。これは素直に
> 「フィッシャーの変換値を返します。」
> あたりでどうでしょうか。

すべて妥当だと思いましたので、反映しました。
最後のだけ、

●FISHERINV 関数
「フィッシャーのz変換値に対応する相関係数の値を返します。」
も、原文は「Returns the inverse of the Fisher transformation.」
ですから「フィッシャーの変換値の逆関数を返します。」でしょうか?
それとも「フィッシャーの変換の逆関数の値を返します。」のほうがいい
のかなあ。とりあえず前者で反映してあります。


3.6 について調べたり Wiki 書いたりしたいんですが、体調が最近
ずっとよくないので今日はこれにてすみません。

[以上]
--
Naruhiko Ogasawara (naruoga@gmail.com)

--
Unsubscribe instructions: E-mail to discuss+help@ja.libreoffice.org
Posting guidelines + more: http://wiki.documentfoundation.org/Netiquette
List archive: http://listarchives.libreoffice.org/ja/discuss/
All messages sent to this list will be publicly archived and cannot be deleted

Follow-Ups:
[ja-discuss] Re: [ja-discuss] Calc の関数に関する翻訳"OSHIE, Takashi" <oshie.is.not.osue@gmail.com>
[ja-discuss] Re: Calc の関数に関する翻訳kano@na.rim.or.jp
References:
[ja-discuss] Calc の関数に関する翻訳"OSHIE, Takashi" <oshie.is.not.osue@gmail.com>
[ja-discuss] Re: [ja-discuss] Calc の関数に関する翻訳Naruhiko Ogasawara <naruoga@gmail.com>
[ja-discuss] Re: [ja-discuss] Calc の関数に関する翻訳"OSHIE, Takashi" <oshie.is.not.osue@gmail.com>
Privacy Policy | Impressum (Legal Info) | Copyright information: Unless otherwise specified, all text and images on this website are licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License. This does not include the source code of LibreOffice, which is licensed under the Mozilla Public License (MPLv2). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks of their corresponding registered owners or are in actual use as trademarks in one or more countries. Their respective logos and icons are also subject to international copyright laws. Use thereof is explained in our trademark policy.