[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[ja-announce] これまでで最も美しいLibreOffice、LibreOffice 4.4リリース


- これまでで最も美しいLibreOffice、LibreOffice 4.4リリース
- ユーザーインターフェイスが大幅に改善されました
- OOXML ファイル形式との相互運用性がさらに広がりました
- Coverity Scan による解析によりソースコードの品質が改善されました

2015年1月29日、ベルリン - The Document Foundation は LibreOffice 4.4
をお知らせできることを嬉しく思います。このフリーのオフィススイート
にとって9番目のメジャーリリースであり、多くのデザインおよびユーザー
インターフェイスの改善がほどこされています。

「LibreOffice 4.4はUXおよびデザインに多くの注意が払われ、私見ではこれまでで
最も美しいものとなりました」と、TDF の Membership Committee の一員であり、
デザインチームのリーダーである Jan "Kendy" Holesovsky は述べています。
「私たちはダイアログの(Glade ベースへの)変換を完了し、メニューバーやコンテキスト
メニュー、ツールバー、ステータスバーおよびルーラーのデザインを見直し、格段に
使い易いものにしました。Sifr モノクロアイコンテーマは拡張されて、OS X では
標準のテーマとなりました。また、新しい色選択ウィジェットを開発し、メニューと
スムーズに連携するようにサイドバーを改善し、今日の UX の傾向に従うようにユーザー
インターフェイスの細部をたくさん作り直しました。」

LibreOffice 4.4はその他の面でもさまざまな価値ある改善を提供します:
- Windows において OpenGL トランジションをサポートし、新しい OpenGL フレームワーク
に基づいた実装に改善されました
- エクスポート処理における PDF の電子署名
- プロプライエタリの Microsoft C-フォントの Calibri と Cambria を置き換える
フリーフォントのCarlitoとCaladeaを導入することで、OOXMファイルを開く
際のフォントに関する問題を減らしています
- ボランティアの方々によってデザインされた、新しい各種既定テンプレートを追加
- Impress のマスターページの見た目を編集でき、いらない要素を削除したり、
アウトライン番号のレベルを追加削除したり、箇条書きの先頭マークをオンにしたり
オフにしたりできます
- Writer において変更の追跡機能(「変更を追跡する」ツールバーに新しいボタン)や
オートコレクト機能が改善されました
- Microsoft Visio、Microsoft Publisher、AbiWord ファイル、および Microsoft
Works 表計算シートのインポートフィルターが改善されました
- Adobe Pagemaker、MacDraw、MacDraw II および RagTime for Mac のための
新しいインポートフィルター
- 各プラットフォームにおけるマルチメディア機能が拡張されました

LibreOffice 4.4の新機能全てを網羅した説明は、開発者の名前とともに、
以下にあるリリースノートのページに記載されています:
https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/4.4
(訳注: 日本語のリリースノートは
https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/4.4/ja
です。)
加えて、開発に関する詳細のうち主なものの要約を Michael Meeks が公開して
います: https://people.gnome.org/~michael/

技術的な詳細に興味のある方は、こちらの変更履歴をご覧ください:
https://wiki.documentfoundation.org/Releases/4.4.0/Beta1 (ベータ1で修正)
https://wiki.documentfoundation.org/Releases/4.4.0/Beta2 (ベータ2で修正)
https://wiki.documentfoundation.org/Releases/4.4.0/RC1 (RC1で修正)
https://wiki.documentfoundation.org/Releases/4.4.0/RC2 (RC2で修正)
https://wiki.documentfoundation.org/Releases/4.4.0/RC3 (RC3で修正)

LibreOffice をダウンロードする

LibreOffice 4.4は以下からダウンロードしていただけます:
http://www.libreoffice.org/download/
(訳注: 日本語のダウンロードページは http://ja.libreoffice.org/download/ です。)
LibreOffice のユーザー、フリーソフトウェアの賛同者、そしてコミュニティの方々は
http://donate.libreoffice.org
(訳注: 日本語のページは http://donate.libreoffice.org/ja/ )で寄付することに
よって The Document Foundation を支援することができます。

The Document Foundation について

The Document Foundation はオープンで、独立した、自治による実力主義の組織であり、
フリーソフトウェアの精神に則りドイツにおける非営利組織として法人となっています。
TDF は LibreOffice - かつてない最高のオフィススイート - の開発に集中しています。
LibreOffice はグローバルなコミュニティから OOo の正当な後継者として選ばれており、
より多くの公的行政機関や大企業、中小企業からデスクトップのオフィスソフトとして
採用されています。

TDF は、そのコアバリューに賛同し活動に貢献する個人および組織とともにあります。
2014年12月末現在、TDF には205名のメンバーがおり、世界中で3,000名を越す
ボランティアおよび貢献者がいます。

TDF のブログ記事への短縮リンク: http://wp.me/p1byPE-x4

インフォグラフィックスは以下にあります:
https://documentfoundation.files.wordpress.com/2015/01/tdf-libreoffice44info.pdf
(PDF)、または
https://documentfoundation.files.wordpress.com/2015/01/tdf-libreoffice44info.jpg
(JPG)。

--
Italo Vignoli - The Document Foundation
mob IT +39.348.5653829 - mob EU +39.392.7481795
sip italo@libreoffice.org - skype italovignoli
hangout / jabber italo.vignoli@gmail.com
email italo@documentfoundation.org
GPG Key ID - 0xAAB8D5C0
DB75 1534 3FD0 EA5F 56B5 FDA6 DE82 934C AAB8 D5C0
---
以上は announce@documentfoundation.org で配信されたアナウンスの日本語訳です。
原文は
http://listarchives.documentfoundation.org/www/announce/msg00218.html
になります。

--
Unsubscribe instructions: E-mail to announce+unsubscribe@ja.libreoffice.org
List archive: http://listarchives.libreoffice.org/ja/announce/

Privacy Policy | Impressum (Legal Info) | Copyright information: Unless otherwise specified, all text and images on this website are licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License. This does not include the source code of LibreOffice, which is licensed under the Mozilla Public License (MPLv2). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks of their corresponding registered owners or are in actual use as trademarks in one or more countries. Their respective logos and icons are also subject to international copyright laws. Use thereof is explained in our trademark policy.