[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[ja-announce] LibreOffice コミュニティは次のメジャーリリースをこれまでで最高のものにするため尽力しています


2014年6月17日、ベルリン - The Document Foundation (TDF)は2回目の
LibreOffice 4.3向けバグハンティングセッションが6月20日から6月22日まで
開かれることをお知らせします。コミュニティは既に LibreOffice 4.3を
これまでで最高のものにするため、品質管理のボランティアによる自動化された
負荷テストや構造化されたテストをもとにして多くの努力を結集してきました。

企業および個人の LibreOfficeユーザーはリリース候補をテストし、お好みの
ユーザーシナリオにおける課題を見つけることによって、このかつてない最高の
オフィススイートの品質に貢献できます。

参加するのは簡単です。バグハンティングセッションの詳細は TDF の wiki
(https://wiki.documentfoundation.org/BugHunting_Session_4.3.0_RC1)
に記載されています。不具合や回帰バグがないかテストする対象となる LibreOffice
4.3の新機能の一覧も wiki にあります:
https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/4.3

参加するには、Windows もしくは MacOS、または Linux の PC とともに
LibreOffice 4.3 RC1(http://www.libreoffice.org/pre-releases にあります)
が必要です。これまでに品質管理の経験がなくても大丈夫です。

バグを報告するのも簡単です。これは品質管理メーリングリスト
(libreoffice-qa@lists.freedesktop.org)や IRC チャンネル
(irc://irc.freenode.net/#libreoffice-qa)にいる経験豊富なボランティアが
手助けしてくれるおかげです。
(訳注: 報告について日本語で議論したい場合は discuss@ja.libreoffice.org
に投稿することをお奨めします。)

--
Italo Vignoli - The Document Foundation
mob IT +39.348.5653829 - mob EU +39.392.7481795
sip italo@libreoffice.org - skype italovignoli
hangout / jabber italo.vignoli@gmail.com
email italo@documentfoundation.org
GPG Key ID - 0xAAB8D5C0
DB75 1534 3FD0 EA5F 56B5 FDA6 DE82 934C AAB8 D5C0
---
以上は announce@documentfoundation.org で配信されたアナウンスの日本語訳です。
原文は
http://listarchives.documentfoundation.org/www/announce/msg00192.html
になります。

--
Unsubscribe instructions: E-mail to announce+unsubscribe@ja.libreoffice.org
List archive: http://listarchives.libreoffice.org/ja/announce/

Privacy Policy | Impressum (Legal Info) | Copyright information: Unless otherwise specified, all text and images on this website are licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License. This does not include the source code of LibreOffice, which is licensed under the Mozilla Public License (MPLv2). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks of their corresponding registered owners or are in actual use as trademarks in one or more countries. Their respective logos and icons are also subject to international copyright laws. Use thereof is explained in our trademark policy.