[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[ja-announce] 読めなくなった昔の文書を、もう一度よみがえらせよう


The Document Foundation は Document Liberation プロジェクトを発表します

2014年4月2日、ベルリン - The Document Foundation (TDF)は Document Liberation
プロジェクト(http://www.documentliberation.org)の発足を発表します。
(訳注: Liberation は「解放」という意味です。)
これはユーザーのコンテンツをベンダーによるロックイン(制約)から自由にする
ために開発者が結集するプロジェクトです。多くのコンピューター利用者が直面
する日常的な問題、つまり以前の古い、もう今のソフトウェアでは読めないファイル
形式に保存されている個人的なデジタルコンテンツに対して、このハッカー達は
解決策を提供します。

「これらの古いファイルがどのアプリケーションでも開けないということがしばしば
起こります。事実上、ユーザーは自分自身のコンテンツから締め出されてしまい
ます。この古いデータにアクセスできなくなる理由のほとんどが、プロプライエタリ
の(独自な)ファイル形式を使ったことによるベンダーロックインなのです。」と、
Document Liberation プロジェクトのリーダーである Fridrich Strba は述べて
います。「さらに悪いことに、公的行政機関がプロプライエタリのファイル形式、
あるいは文書化されていない形式を使って文書を保存すると、大事な情報を市民が
アクセスすることを意図せず制限していることになります。驚くべきことに、
政府においてさえ OS やオフィスソフトをアップグレードした後でその文書が
開けなくなる恐れがあります。」

The Document Liberation プロジェクトは、個人や組織、そして政府がそれぞれの
文書をプロプライエタリなファイル形式から取り戻し、オープンなファイル形式への
移るための仕組みを提供しようという希望から生まれました。コンテンツに対する
有効なコントロールを、コンピューター企業から実際の製作者に取り戻すために。

LibreOffice が2010年に誕生して以来、さまざまなコミュニティのメンバーが
プロプライエタリのアプリケーションとの相互運用性を改善するために努めて
きました。コミュニティからの興味に支えられて(それは LibreOffice
プロジェクトの外部からの支援さえありました)、これまで開発者は MS Visio や
CorelDraw、MS Publisher、Apple Keynote、そしていくつもある異なる古い
マッキントッシュの形式を含むプロプライエタリなファイル形式を読み込める
ようにしてきました。これらのファイル形式をインポートするライブラリは、
LibreOffice だけでなく、Abiword や Calligra、CorelDRAW ファイルビューア、
Inkscape、Scribus によって用いられています。

The Document Liberation プロジェクトは、オープンソースの世界のいたるところ
から開発者をひきつけ、LibreOffice 開発者と協力することを目指しています。
既にある関係を強化し、ファイル形式の分野で共通の目標を持つ全ての人で
新しい関係を築くためです。その目的は、プロプライエタリなファイル形式
から対応する ISO 標準である ODF 文書形式に変換する強力なツールを提供する
ことを通じて、成長しつつあるオープンな文書のエコシステムに貢献することです。

さらなる情報はこちら: http://www.documentliberation.org/contact/

The Document Foundation をサポートしてください

LibreOffice のユーザー、フリーソフトウェアの賛同者、そしてコミュニティの方々は
http://donate.libreoffice.org
(訳注: 日本語のページは
http://donate.libreoffice.org/ja/
)で寄付することによって The Document Foundation を支援することができます。
集まった資金はインフラを整備したり、グローバルおよびローカルなレベルでこの
プロジェクトをもっと成長させるために使われます。

The Document Foundation (TDF)について

The Document Foundation はオープンで、独立した、自治による実力主義の組織であり、
フリーソフトウェアの精神に則りドイツにおける非営利組織として法人となっています。
TDF は LibreOffice - かつてない最高のオフィススイート - の開発に集中しています。
LibreOffice はグローバルなコミュニティから OOo の正当な後継者として選ばれており、
より多くの公的行政機関や大企業、中小企業からデスクトップのオフィスソフトとして
採用されています。

TDF は、そのコアバリューに賛同し活動に貢献する個人および組織とともにあります。
2014年1月1日現在、TDF には190名を越えるメンバーがおり、世界中で3000名を越す
ボランティアおよび貢献者がいます。

--
Italo Vignoli - The Document Foundation
mob IT +39.348.5653829 - mob EU +39.392.7481795
sip italo@libreoffice.org - skype italovignoli
hangout / jabber italo.vignoli@gmail.com
email italo@documentfoundation.org
GPG Key ID - 0xAAB8D5C0
DB75 1534 3FD0 EA5F 56B5 FDA6 DE82 934C AAB8 D5C0
---
以上は announce@documentfoundation.org で配信されたアナウンスの日本語訳です。
原文は
http://listarchives.documentfoundation.org/www/announce/msg00185.html
になります。

--
Unsubscribe instructions: E-mail to announce+unsubscribe@ja.libreoffice.org
List archive: http://listarchives.libreoffice.org/ja/announce/

Privacy Policy | Impressum (Legal Info) | Copyright information: Unless otherwise specified, all text and images on this website are licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License. This does not include the source code of LibreOffice, which is licensed under the Mozilla Public License (MPLv2). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks of their corresponding registered owners or are in actual use as trademarks in one or more countries. Their respective logos and icons are also subject to international copyright laws. Use thereof is explained in our trademark policy.