[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[ja-announce] ミラノで開催される LibreOffice Conference 2013 について


2013年9月9日、ミラノ - LibreOffice Conference が9月25日水曜日にミラノ大学
で開催されるまであと3週間足らずとなりました。
オープニングセッションは歴史ある Ca' Granda を会場に行われます。
そして全ての技術面でのセッションとトラックはコンピューター科学学部により
主催されます。Canonical と Collabora がカンファレンス全体のスポンサーと
なります。また Google と CloundOn は水曜および木曜の夕方に行われるライブ
ハッカソンのスポンサーとなります。そして Lanedo が休憩時の飲食物を提供します。
カンファレンスが終了する9月27日金曜日には、通例となっている Q&A セッション
が行われ、プロジェクトのメンバーは Board of Directors に質問できます。

トラックは
Open Document Format (ODF);
LibreOffice の開発;
コミュニティ開発;
配備と移行のベストプラクティス; および
LibreOffice によるビジネス構築
というテーマからなります。カンファレンスでは初めて、LibreOffice の
開発者とともにコードをハックしたり、新しい機能について議論したりする
場が設けられます。

「LibreOffice Conference はちょどいい年にイタリアに来てくれました。
というのも2012年から2013年にかけて、州や地方のレベルでさまざまな公的機関
が LibreOffice へ移行しているからです」と、The Document Foundation の
board of directors の一員で、カンファレンスチームのリーダーである
Italo Vignoli は述べています。「プロジェクトのメンバーに会えば、
他の公的機関や企業が LibreOffice へ移行に着手する後押しとなるでしょう」

LibreOffice Conference 2013 はミラノ大学のコンピューター科学学部
(http://www.dsi.unimi.it/)によって主催され、Canonical (http://www.canonical.com)
および Collabora (http://www.collabora.com)がスポンサーとなります。
また Google (http://www.google.com)と CloudOn (http://site.cloudon.com/)
がハッカソンのスポンサーとなり、Lanedo (http://www.lanedo.com)が休憩時の
飲食物を提供します。

カンファレンスのセッションはオンラインで放送され、またセッションを録画した
映像がカンファレンスのウェブサイトに掲載される予定です。

The Document Foundation のブログ記事への短縮リンク: http://wp.me/p1byPE-r2


--
Italo Vignoli - Director
italo.vignoli@documentfoundation.org
mob +39.348.5653829 - sip italo@libreoffice.org
The Document Foundation
Kurfürstendamm 188, 10707 Berlin, Germany
Rechtsfähige Stiftung des bürgerlichen Rechts
Legal Details: www.documentfoundation.org/imprint

---
以上は announce@documentfoundation.org で配信されたアナウンスの日本語訳です。
原文は
http://listarchives.documentfoundation.org/www/announce/msg00159.html
になります。
---

--
Unsubscribe instructions: E-mail to announce+unsubscribe@ja.libreoffice.org
List archive: http://listarchives.libreoffice.org/ja/announce/

Privacy Policy | Impressum (Legal Info) | Copyright information: Unless otherwise specified, all text and images on this website are licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License. This does not include the source code of LibreOffice, which is licensed under the Mozilla Public License (MPLv2). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks of their corresponding registered owners or are in actual use as trademarks in one or more countries. Their respective logos and icons are also subject to international copyright laws. Use thereof is explained in our trademark policy.