[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[ja-announce] LibreOffice 4.1: 相互運用性を高めた画期的なリリース


数多くの改善がなされたオフィススイート、プロプライエタリのファイルフォーマット
や昔からあるファイルフォーマットとの互換性がさらに向上しています

2013年7月25日、ベルリン - The Document Foundation は LibreOffice 4.1 を
お知らせします。これはかつてない最高のフリーのオフィススイートであるだけでなく、
もっとも相互運用性の高いフリーのオフィススイートでもあります。
LibreOffice 4.1 では文書の互換性の点で数多くの改善がなされています。
これにより、プロプライエタリなソフトウェアの利用者が元のレイアウトや内容
を保ったまま、知財を共有する機会が増します。

2012年初頭よりフリーのオフィススイートへの移行においてデファクトスタンダードに
なっている LibreOffice にとって、相互運用性は重要な資産です。
Microsoft OOXML をインポートおよびエクスポートするフィルターにたくさんの改善が
なされていると同時に、昔の Microsoft Office ファイルや RTF ファイルのフィルター
も改善されています。これらの改善のほとんどは、移行プロジェクトを陰で支える
認定開発者の活動がもとになっています。移行プロジェクトはプロフェッショナルな
サポート契約にもとづいています。

相互運用性に役立つ手段としては Writer や Calc、Impress、Draw におけるフォントの
埋め込みのような新機能もあります。この機能は、ターゲットとなる PC にインストール
されていないフォントを使って文書を作成した際に、見た目を維持する助けになります。
ODF OpenFormula の互換性のために Excel 2013 で導入された新しい関数をインポート
およびエクスポートするという新機能も助けになります。

相互運用性に加えて、その他の点でも LibreOffice 4.1 は多数の新機能と改善を提供し
ます。以下にその一覧があります:
https://www.libreoffice.org/download/4-1-new-features-and-fixes
(訳注: 日本語向けのページは
https://ja.libreoffice.org/download/4-1-new-features-and-fixes
です。)

さらに LibreOffice 4.1 はいくつかの AOO の機能も取り込みつつあり、Symphony
サイドバーも含まれています。これはまだ試験的なものです。LibreOffice の開発者が
ウィジェットのレイアウトの技術(これによりウィジェットは動的にサイズ変更ができる
ようになり、LibreOffice のダイアログウィンドウが一貫した振舞いになります)と統合
するために活動しています。

LibreOffice 4.1は相当な開発プロセスの末にリリースに逹しました。そのプロセスに
ついて TDF のブログ記事に概要があります:
http://wp.me/p1byPE-q0
機能に関しては、以下にまとめがあります:
https://www.libreoffice.org/features/why-libreoffice/

2013年9月25日に LibreOffice のコミュニティがイタリアに集まる第3回 LibreOffice
Conference まで、あと残すところ2ヶ月となりました。ミラノ州立大学の計算機学部が
会場となります。
更なる情報については以下のアドレスになるカンファレンスのサイトでご覧ください:
http://conference.libreoffice.org/2013/en
8月4日(日)まで論文を募集中です。

LibreOffice をダウンロードするには

LibreOffice 4.1は以下のリンクから今すぐダウンロードしてご利用いただけます:
http://www.libreoffice.org/download/
(訳注: 日本語のダウンロードページは http://ja.libreoffice.org/download/ です。)
LibreOffice の拡張機能は以下のリンクからご利用いただけます:
http://extensions.libreoffice.org/extension-center

変更履歴は
https://wiki.documentfoundation.org/Releases/4.1.0/RC1 (4.1.0.1 で変更)
https://wiki.documentfoundation.org/Releases/4.1.0/RC2 (4.1.0.2 で変更)
https://wiki.documentfoundation.org/Releases/4.1.0/RC3 (4.1.0.3 で変更)
https://wiki.documentfoundation.org/Releases/4.1.0/RC4 (4.1.0.4 で変更)
でご覧いただけます:

The Document Foundation をサポートしてください

LibreOffice のユーザー、フリーソフトウェアの賛同者、そしてコミュニティの方々は
http://donate.libreoffice.org
(訳注: 日本語のページは http://donate.libreoffice.org/ja/)
で寄付することによって The Document Foundation を支援することができます。
集まった資金はインフラを整備したり、グローバルおよびローカルなレベルで
このプロジェクトをもっと知ってもらうためのマーケティング活動を支援するのに
使われます。

TDF のブログ記事への短縮リンク: http://wp.me/p1byPE-qn

--
Italo Vignoli - Director
italo.vignoli@documentfoundation.org
mob +39.348.5653829 - sip italo@libreoffice.org
The Document Foundation
Zimmerstraße 69, 10117 Berlin, Germany
Rechtsfähige Stiftung des bürgerlichen Rechts
Legal Details: www.documentfoundation.org/imprint
---
以上は announce@documentfoundation.org で配信されたアナウンスの日本語訳です。
原文は
http://listarchives.documentfoundation.org/www/announce/msg00154.html
になります。
---

--
Unsubscribe instructions: E-mail to announce+unsubscribe@ja.libreoffice.org
List archive: http://listarchives.libreoffice.org/ja/announce/

Privacy Policy | Impressum (Legal Info) | Copyright information: Unless otherwise specified, all text and images on this website are licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License. This does not include the source code of LibreOffice, which is licensed under the Mozilla Public License (MPLv2). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks of their corresponding registered owners or are in actual use as trademarks in one or more countries. Their respective logos and icons are also subject to international copyright laws. Use thereof is explained in our trademark policy.