[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[ja-announce] 【訂正】The Document FoundationよりLibreOffice 3.3リリースのお知らせです


申し訳ありません。誤訳をそのまま投稿してしまいました。

新機能紹介として「細身の新フォント」とあるのは、正しくは
「新しいLiberation Narrowフォント」になります。

お詫びして訂正致します。
加藤

---------------

フリーなオフィススイートであるLibreOffice初の安定版がリリースされまし
た。

2011年1月25日、The Document Foundationは、コミュニティによって開発されて
いたフリーなオフィススイート、LibreOffice初の安定版、LibreOffice3.3をリ
リースしました。2010年9月の終わり頃、20人にも満たない人数で始めた
LibreOfficeプロジェクトが、4ヶ月もしないうちに100人を越える技術者達に
よって開発される体制になりました。強気のスケジュールであったにもかかわら
ず、このおかげで予定よりも早くリリースにこぎ着けることができました。

LibreOffice 3.3はたくさんの新機能が搭載されたというだけでなく、重要な意
味も持ちます。

・開発コミュニティは、オリジナルの開発体制を構築し、ソースコードの規模や
 その崇高な目的に比して短期間でのリリースを達成することもできました。
・プロジェクトに興味を持ってくださった皆さんのおかげで、LibreOfficeの開
 発が今後効率的になるようなソースコードの整理が行われました。
・多くのユーザーが使うであろうWindows用インストーラでは、全ての言語を一
 つのファイルに統合しサイトの転送量を75GBから11GBまで減らすことに成功し
 ました。このおかげで、次のリリースまでの間隔を詰めつつも我々のインフラ
 が二酸化炭素排出量に与える影響を減らしました。

開発コミュニティリーダーでもある、RedHatのCaolan Mcnamaraのコメントによ
れば、「我々は今大変に興奮している。何しろ今回の安定版は我々にとって初め
てのリリースですから。2月の次期リリースまでにできるだけ取り込んでいくの
で、ユーザーの皆さんからのフィードバックを期待しています。3月からは、開
発統括委員会の計画やユーザーからの要望通り、時間通りで、予想可能な、透明
性のある開発体制になる予定です。」
LibreOffice開発予定はこちらで参照可能です。
http://wiki.documentfoundation.org/ReleasePlan

LibreOffice 3.3では、いくつかの新機能が追加されています。コミュニティ内
で話題になっているものを、いくつか順不同に挙げてみます。SVGファイルが扱
えるようになりました。Writerで、表紙の作成とページ番号付けが簡単になりま
した。Writerのナビゲータ機能が使いやすくなりました。Calcにおいて、シート
やセルの取り回しを人間工学に基づいて改善しました。Microsoft Worksと
Lotus Word Proのインポートが可能になりました。さらに、PDFインポートが可
能になり、スライドショーコンソールが入り、レポートビルダーが強化され…
等々たくさんのエクステンションも同梱されました。LibreOffice3.3で新たに提
供される機能の詳細については、以下のページでご確認ください。
http://www.libreoffice.org/download/new-features-and-fixes/

LibreOffice3.3では、OpenOffice.org3.3で提供される新機能ももちろん全て
入っています。、例えば、カスタムプロパティ、PDFファイルへのフォント埋め
込み強化、新しいLiberation Narrowフォント、WriterとCalcでのドキュメント
保護機能強化、Calcでの標準書式における数値認識改善、100万行に拡張された
シート、csvインポートでの新しいオプション、グラフへの書き込み機能、グラ
フでの階層的凡例、Impressでのレイアウト調整機能強化、使いやすくなった印
刷画面、大文字変換のオプション追加、シートタブの色付け等々。新機能のい
くつかは、The Document Foundation創設に先行してLibreOffice開発チームに
よって追加されたものです。

LibreOfficeの開発者達は、2月5日から6日にブリュッセルで開かれるFOSDEMに参
加します。6日のワークショップでは7人の開発者によるスピーチや実演も行い、
今回の成果を発表します。

The Document Foundationの詳細については、以下のサイトをご覧ください。
http://www.documentfoundation.org

LibreOfficeのサイトはhttp://www.libreoffice.orgになります。ダウンロード
ページは、皆さんがより使いやすくなるようにデザインを変更しました。


TDFについて

TDFの使命の一つは、OpenOffice.orgコミュニティを今後数ヶ月で進化させるこ
とです。そして、OOoを新たな、オープンで、独立した、実力主義の組織に発展
させます。独立した基金というのは、我々に貢献してくれる方々、ユーザーやサ
ポーターの方々のご協力に応え、より効果的、効率的、そして透明性のあるコ
ミュニティとならなければなりません。TDFは今までの10年間で積み上げてきた
結果を礎に、コミュニティの参加を奨励するとともに、自身もコミュニティへの
協力を続けていきます。


公開連絡先

Florian Effenberger (Germany)
Mobile: +49 151 14424108 - E-mail: floeff@documentfoundation.org
Olivier Hallot (Brazil)
Mobile: +55 21 88228812 - E-mail: olivier.hallot@documentfoundation.org
Charles H. Schulz (France)
Mobile: +33 6 98655424 - E-mail: charles.schulz@documentfoundation.org
Italo Vignoli (Italy)
Mobile: +39 348 5653829 - E-mail: italo.vignoli@documentfoundation.org

--
Unsubscribe instructions: E-mail to announce+help@ja.libreoffice.org
List archive: http://listarchives.libreoffice.org/ja/announce/

Privacy Policy | Impressum (Legal Info) | Copyright information: Unless otherwise specified, all text and images on this website are licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License. This does not include the source code of LibreOffice, which is licensed under the Mozilla Public License (MPLv2). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks of their corresponding registered owners or are in actual use as trademarks in one or more countries. Their respective logos and icons are also subject to international copyright laws. Use thereof is explained in our trademark policy.